top of page
検索
  • タノクラアカデミー

英検のリスニングは何割取れれば合格ですか?

更新日:2023年11月24日




当塾では希望者は

授業内に英検対策も行なっています


2時間という限られた時間なので

長文読解や英作文の添削をメインとし


リスニングは宿題として

自宅で取り組んでもらうことが多いですが



その場合も

英検のリスニング対策について

取り組み方の指導などを行なっています



そもそも


英検のリスニングは何割取れれば合格か知っていますか?



田園都市線 鷺沼駅から徒歩1分

私立中高生専門塾 タノクラアカデミー


塾長の湯山です




中高一貫校生が目指す合格ラインとしては


リスニング問題の65%!!



例えば

英検2級はリスニングは30問なので


その65%である19〜20問を目指して勉強しましょう


*英検の合否はCSEスコアで判定されますが

英検一次試験の合格目安は

リーディング・リスニング・ライティングの3技能合計で65%以上となります



ネットで検索をすると

リスニングの合格ラインは


80〜90%となっている

サイトもありますが



それは小学生などが

英会話学校で耳を慣らして

英検に合格する場合かと




大学受験や内部進学のために

英検合格を目指す

中高一貫校生の場合



リスニングだけでなく


・リーディング

 (語彙力、長文読解)

・ライティング(英作文)

の力も


英検の勉強を通して

しっかりと身につけて欲しい!



その場合は


3技能をバランスよく学習していく

必要があります



語彙力がなれけば

耳に入った単語の意味が

分かりませんし


文法の知識や文の構造が

分かっていなければ


聞き取った文章を正しく

理解することができません



逆に


リスニングの対策をおろそかにして


リーディングと

ライティングの勉強だけで


合格を目指そうとする

生徒もいますが


仮に英検を合格しても


その後

大学受験の勉強の際に


ちゃんとやっておけば良かった〜汗


と後悔することも、、、


(大学共通テストにも、リスニングはありますよ)



確かに、来年の2024年度から

英検の試験の問題形式が一部変更になるので


従来形式の

2023年度第3回の1月でなんとか合格したい!!


という気持ちがあるかと思いますが



であれば、なおさら


焦って極端なやり方をするよりも


3技能をバランスよく

勉強していく方が


たとえ問題形式が

変わっても対応できる


しっかりとした実力を

つけることができます



具体的なリスニングの

対策のしかたは

次回以降お伝えしますが



英検だけでなく


数学の勉強も!

期末試験の対策も!



なんとなく試験日までに

目の前の問題集を取り組む

のではなく



まずは


目指す合格ラインや

目標とする数値

(平均点や順位など)

を意識して学習を始めること



試験範囲を丸暗記して

目先の点数を取ろうとするなど


焦って極端なやり方を

するのではなく


しっかりとした実力を

つけること


が大切です


大学受験や内部進学のカギは

主要科目である「英語」と「数学」!!


中高一貫校を

知り尽くした講師たちと


この冬、5日間集中して学習


「英語」と「数学」の

しっかりとした実力をつけたい

生徒にピッタリの


2023年冬期講習は、現在受付中!


【2023年冬期講習(各期5日間)】

第1期:12/22-26

第2期:12/27-29、1/5-6

ともに午前の部、夜の部開講

*冬期講習の期間は、通常授業なし


↓ ↓ ↓


お申し込みやお問い合わせもできます


満席や残席わずかなクラスもありますので


受講を希望される方は

お早めにお申し込みください


*2023冬期講習・最新空きクラス情報:2023/11/23 14:30更新



2023年冬期講習・最新空きクラス情報はこちら

↓ ↓ ↓














閲覧数:111回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page